MT Card ソフトウェア2.1を発表しておりました。

今度MT Card ソフトウェア2.1のアップデートは最新dump機能とファイル切替機能を追加しておりました。バージョン2.1をアップデートするには、SD カードに現有しているlauncher.datを最新launcher.datと取り替えだけでいいです。ハードウェアバージョンはそのままで行きます。

1.ファイルベックアップがセーブできる機能を追加しました。3DSゲームカートリッジをベックアップして、SDカードにセーブできます。ベックアップしたファイルは*.savのようです。

2.セーブしたファイルがリストアできる機能を追加しました。セーブしたファイル(*.sav)をSDカードから3DSゲームカートリッジにリストアできます。

3.3DSゲームカートリッジdump機能を追加しました。dumpロムファイルはセーブファイルサイズと対応しているゲームカートリッジIDを含めています。ロムファイルがSDカードに溜められて、ファイルの名称は*.3dzのようです。

4.ファイル切替機能を追加しました(sav to zav)。セーブしたファイルをマジコンモードから3DSカートリッジモードに切り替えると言うことです。切替中、マイクロSDカード中のロムファ
イル(*.3dz)IDは読み込まれます。IDと既存の*.sav ファイルによって、新しい*.zavファイルはマイクロSDカードで生成されます。ご注意下さい:もし既存のファイルと同じ名称ならば、そ
れをカバーしていきます。

5.ファイルル切替機能を追加しました (zav to sav)。セーブしたファイルを3DSカートリッジモードからマジコンモードに切り替えると言うことです。切替中、プログラムはIDではなく、マイ
クロSDカード中のロムファイル(*.3ds 或いは *.3dz)を読み込みます。既存の*.zavファイルによって、新しい*.savファイルはマイクロSDカードで生成されます。ご注意下さい:もし既存のファイルと同じ名称ならば、それをカバーしていきます。

 
追加した新機能について:
1.既存のセーブゲームには様々な暗号化方式があり、もし暗号化方式はバージョン6.0ならば、ベックアップした 3DSセーブゲーム ファイルは *.zavのようです。このゼーブファイルはマジコンによっても、利用できます。 また、オンラインもサポートできます。オリジナルのゲームカードにリストアできます。(カードAからカードAへ)

2.もし暗号化方式はバージョン6.0ではなければ、ベックアップファイルは *.savのようです。このセーブファイルはマジコンによても、利用できます。どのIDからも、3DSゲームカートリッジ(同じゲーム)にリストアできます。(カードAからカードAへ/カードAからカードBへ)或いはSavからZavへのファイルル切替機能によって、新しい *.zavファイルが生成されます。ファイル切替した後、オンラインもサポートできます。

3.前のロムはセーブファイルの情報はありませんので、全て生成されたセーブファイルのサイズは512Kです。もし実際のゲームセーブファイルのサイズは128kならば、3DSゲーム521Kセーブフ
ァイルを3DSゲームカートリッジにリストアできません。この問題を解決するために、dumpロムファイルにはセーブファイルの情報を含めています。それで全てのセーブファイルは3DSゲーム
カートリッジにリストアできます。

4. SavからZavへのファイルル切替を執行中、プログラムはロムファイルを読み込んで、ただIDの情報を必ず含めています。

 

MT Cardサイトから公式の図解:

mt Card Ver2.1

MT Cardを購入したいお方はこちらへ

Leave a Reply